むぎのゆとり思考🐥

マイナー外科医による人生のQOLを追求するブログ。旅行、温泉宿、グルメ、医療、音楽、ゴルフ、ゲームなど色々なQOLを爆上げします!

研修医勉強法 【必読】研修医向上委員会

 

M6の皆さん国家試験お疲れ様でした。

 

本日は初期研修医の勉強方法についてです🐥

 

 

   

 

4月まで勉強する必要は一切ないです!

全力でニートしてください!

研修医本もまだ読まなくていいです。勉強するぐらいならYouTubeで積立NISAの動画でも観た方が人生変わります。 

 

でも勉強するための準備をしておいて損はないと思います。

 

今から僕が普段している勉強法を書きます。

周りの人にもかなり好評で、たまに似たようなことしてる人もいます。

 

でも教えてくれる人はなかなかいないと思います!

1000円ぐらい料金貰ってもいいんじゃないかレベルですが、僕のような苦しい思いはしてほしくないので、、

知ってる限りのことを全て授けますので、いいように改良するなり進化させるなりしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医学生と研修医の勉強の違い

研修医の勉強は今までとは異なります。

今まではメックやmedu4などが勉強材料を用意してくれて、丁寧に講義をしてくれました。

そしてQB、病見えという分かりやすく勉強できる媒体がありました。

 

しかし、研修医になるといきなり放置されます。

あれ?大学病院って教育機関なのでは?

上級医は忙しすぎて研修医にかまっている暇などないのです。逆にやる気のないポリクリ生に時間を割いておりジェラシーです。

さらっと教えてくれますが、いきなり専門用語が飛び出し気力が削がれます。

 

そういう時に研修医用の本を見たりして勉強しようとするのですが、何となく買った本に知りたいことって載ってません(笑)

 

 

 

・こんな研修医生活になってはダメ

ここでダメレジの僕が過ごした1年間の例を。

 

オーベンの教えや症例のメモをとる→研修医本で調べるがあまりいい情報はのってない→ネットで調べる→情報多くて萎える→、、、→数か月後メモを紛失→記憶も喪失→研修が無かったことになる

 

クズのような生活ですが、油断するとこうなります(笑)

特に人数の多い大学病院などでは

 

僕の場合、1年目の科の選択を失敗して病みすぎて勉強できなかったというのもありますが、、、

 

 

・師匠のスライドから閃いた勉強法

一個上に優秀な先輩がいました。

その先輩はスライドを作ってよくアンポンタンな僕に講義をしてくれました。

 

そこで閃めき、改良を加え今の勉強法にたどり着きました。

 

 

・準備① メモアプリをダウンロード

 

Evernote、Good note、One note、Notability、notion

 

どれでもいいので自分にあったメモアプリをダウンロードしてください。

 

僕はこのアプリにパワポで作ったスライドをジャンルに分けて入れています。

直接文字を打ってメモするのもありです。

(スライドにするとメリハリがついて見やすいのでそうしてるだけです)

 

救急、患者の急変、旅行中

まとめていればいつでもどこでもすぐ見れます!

本なんかめくってる暇はないです!

 

元々Ever noteを使用していましたが、↓の様に一番大事な治療や投与量の部分が途切れてしまい外来で何度も冷や汗をかきました(泣)

 

f:id:muginokurasi:20210210165539j:plain



それから色んな人に意見を聞き、あえて誰も使ってないnotionを開拓しようと思いました。

 

一部英語表記ですが、自由自在に一瞬でデータ移動させたり編集できて使いやすいです。便利すぎてもはや私生活のメモにも使ってます。

 

(※Evernoteからお引越し中でまだ少ないですが)

f:id:muginokurasi:20210210171304p:plain

 

f:id:muginokurasi:20210211103415p:image
f:id:muginokurasi:20210211103410p:image

 

 

・準備② メモの仕方

病名

症状

鑑別疾患

オーダーすべき採血項目とその結果

オーダーすべき画像検査とその結果

診断基準

治療(具体的に!!~を~mg 1日〇回、〇日間、副作用など)

どこまで治療するか、退院後の管理など

実際の症例であったこと

 

 

と学生の時とは違い、実際に治療しなければいけませんから

ステロイド!抗菌薬!」の知識だけでは治療できないので勉強したことになりません。

 

実際に症例を見ることが一番記憶が定着するので、研修が無駄にならぬよう忘れない内にメモに残しておきましょう。

 

 

 

・準備③ 欲しい知識をすぐ入手するための検索媒体

ぼくがいつも使っているものを紹介します。

もっとたくさんあると思いますが、とりあえず。

 

 

・医学事始

igakukotohajime.com

 

 

大変お世話になっています。

研修医の先生向きに書いてくださっています。図がめちゃくちゃ分かりやすいです。

科別に振り分けられてますし、検索もできるので「胸水穿刺」とか検索したりするといいです。

 

 

 

 

 

 

 

・内科医キューピーさん

pkun.hatenablog.com

 

内科系の知識をしっかりまとめてくださっています。

研修医の本などからも引用されているので(本買わなくていいのでは)

 

 

 

・画像診断まとめ

xn--o1qq22cjlllou16giuj.jp

 

全科の画像の見方や分類をまとめてくださっています。

もはや神です。大変お世話になっております。

脳梗塞の見方なんか、なんぼあっても嬉しいですからね(本買わなくてもいいのでは)

 

 

 

・Antaa slide

 

slide.antaa.jp

 

 

こちらは登録が必要になります。

いろんな科の先生がスライドを投稿しています。

先生達がまとめてくれたスライドを貰えるって感じですかね。

量はそんなに多くないので偏りはあります。ログインが面倒なのとスライドするのが面倒で最近あまり使ってないです。

 

 

 

・最終奥義のケアネットTV

 

carenetv.carenet.com

 

月5000円という金の力で症例を学びます。

救急対応、コロナの診察、抗菌薬の考え方、手技などまで幅広くあります。

イチオシは福井大学の林先生の救急シリーズです。コントで症例を再現してくれるので記憶に残るし面白いです。

 

今年から研修医になる皆さんはコロナで入院患者が少なく、あまり症例を経験できない可能性もあります。

そういう時はケアネットTV契約しちゃいましょう。

 

 

 

 

とりあえずこんな感じです。

1年目からこのスタイルが確立できたら物凄いスライドの数になりそうですね(笑)

騙されたと思ってやってみてください。「めんどくせえ」と思った人もいずれ近い方法にたどり着くと思います。

 

 

 

初期研修医

悩みが絶えない2年間でありますが

 

専攻医(3年目)からの苦労を少しでも減らせるように頑張ってください🐥!

 

 

 

ではではzzz